Rails サーバーをMacPc で起動する初心者にもわかりやすい方法

 サイト訪問ありがとうございます!ミツオです。
この記事ではRails サーバーをMac PC で起動する方法について説明しています。
私が他のサイトを参考に実際にしてみたところエラーが頻発して、いろんなサイトで調べながら
行ったのでとても大変で、サーバーを起動させるのに1時間程度かかりました。
この記事ではエラー内容も含めて説明しているので、いろんなサイトで調べる時間を短縮することができます。

・Rails サーバーを起動したいけど方法がわからない、、
・コマンドを入力したらエラーが出て対処法がわからない、、


そんな人たちもこの記事を読めば、エラーを解消してRails サーバーを起動することができます!
この記事はRails のインストールは終わっている人が対象です。
Rails のインストールがまだの人は下のリンクからRails をインストールしてください!

Ruby on Rails をMacPC にインストールする初心者にもわかりやすい方法

1. Rails アプリを作成する作業ディレクトリに移動

 ターミナル上で、Rails をインストールする際に作成したディレクトリに移動してください。
コマンドは次の通りです。私はruby というフォルダにRails アプリを作成することにしていますが、ruby のところはあなたの作業ディレクトリに名前を変えてください。

$ cd ruby

2. Rails サーバーを起動

ではRails サーバーを起動しましょう。
コマンドは次の通りです。ruby server でも良いですが、短い方が楽なのでruby s を用いるようにしましょう。

$ ruby s
=> Booting Puma
=> Rails 6.0.3.3 application starting in development 
=> Run `rails server --help` for more startup options
Puma starting in single mode...
* Version 4.3.6 (ruby 2.7.1-p83), codename: Mysterious Traveller
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://127.0.0.1:3000
* Listening on tcp://[::1]:3000
Use Ctrl-C to stop

上のように表示されればRails サーバーが起動しています。
しかし、初めての場合はここでよくエラーが発生します。
エラーが発生した人は3 以降をご覧ください。

3. Web Packer のエラー

次のようなエラーがよく発生します。

Webpacker configuration file not found /Users/<ユーザ名>/app_name/config/webpacker.yml.
Please run rails webpacker:install 
Error: No such file or directory 
@ rb_sysopen - /Users/<ユーザ名>/app_name/config/webpacker.yml 
(RuntimeError)

Webpacker が存在しないようです。
まずはGemfile にWebpacker の記述があるか確認します。
次のコマンドを入力してGemfile を表示してWebpacker を探してください。

$ vi Gemfile
(中略)
gem 'sass-rails', '>= 6'
# Transpile app-like JavaScript. Read more: https://github.com/rails/webpacker
gem 'webpacker', '~> 4.0'
# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks
gem 'turbolinks', '~> 5'

記載がない場合は上のようにgem ‘webpacker’, ‘~>4.0’ を書き足してください。
書き足す場合はa を押して、矢印キーで追加したい場所にカーソルを移動させ、追記してください。
追記できたら、esc キーを押してから、:qw と入力しエンターキーを押してください。

次にgem をインストールし、Webpacker をインストールします。

$ bundle install
$ rails webpacker:install
sh: node: command not found
sh: nodejs: command not found
Node.js not installed. Please download and install Node.js https://nodejs.org/en/download/

すると、Node.js が必要だと言われるので、Node.js をインストールしましょう。
次のコマンドを入力してください。

$ brew install node

インストールが完了したら、再度Webpacker のインストールを試みます。

$ rails webpacker:install
Yarn not installed. 
Please download and install 
Yarn from https://yarnpkg.com/lang/en/docs/install/

すると、Yarn が必要だと言われるのでYarn をインストールします。
コマンドは次の通りです。

$ sudo npm install -g yarn

バージョンを確認することでインストールされたことを確認しましょう。
コマンドは次の通りです。

$ yarn -v
1.22.5

きちんとインストールされましたね!
ここでエラーが発生した方は次のリンクからエラーを解消してください!

Error: EACCES permission denied の対処法

では、ついにWebpacker をインストールしましょう!

$ bundle exec rails webpacker:install
Webpacker successfully installed と表示されればインストール完了です!

4. Rails サーバーの起動

 では、Rails サーバーを起動しましょう。

$ rails s
=> Booting Puma
=> Rails 6.0.3.3 application starting in development 
=> Run `rails server --help` for more startup options
Puma starting in single mode...
* Version 4.3.6 (ruby 2.7.1-p83), codename: Mysterious Traveller
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://127.0.0.1:3000
* Listening on tcp://[::1]:3000
Use Ctrl-C to stop

上のように表示されればRails サーバーを起動できています!
http://localhost:3000/ にアクセスしてみましょう。
下の画像のように表示されれば完了です!

ここで画像のような画面が表示されなかったり、ターミナル上でエラーのような表示が出てきたら次のリンクからエラーを解消してください!

Access denied for user ‘root’@’localhost’ の対処法

YAML syntax error occurred の対処法

まとめ 〜Rails サーバーの起動〜

Rails サーバーを起動できましたか?
至る所でエラーが頻発して大変だったと思います!
おつかれさまでした!
ですが、インストールさえできてしまえば後は開発あるのみです!

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回はRails でのアプリ開発について説明します。